农业工作方式与居住招聘

a0001_009218農業の住み込み求人の魅力

最近注目を集めている農業と言うジャンル。 短期的なアルバイトを募集すると毎年若い年齢層の参加者が年々増えているそうです。 自然と触れ合い、野菜や果物と共に人との絆や自分の力も育んで行ける農業。 本格的に住み込みでやるとどんな魅力が分かるのでしょうか。

農業に従事するという心意気

近年では食の安全性を求める声が高まり、消費者の関心が非常に強くなっています。 その為、農家の中には自分の所で作った作物には作った場所、農家名、顔写真を載せる等をして消費者の人々に安心して食べて貰えるように工夫をしています。 農業と言えば畑や田んぼでだけの仕事と思われがちですが、今の時代流通にも通じています。 そこで働くと言う事は、その農家の名前を背負う一因になると言う事です。 中途半端な仕事をするとお世話になっている農家に多大な損失を与えてしまう可能性が有るので責任感が重要です。 農業全体の高齢化が進む中、若い年齢層の希望者を農家の人は働き口や金銭的に困らない様非常に手厚く対応しています。 農業が地域活性に直接つながっている事も多い為、自分が地域を良くして行くと言う一人一人の認識が大切です。 力作業が多く、体力がいる仕事ですがやりがいや自分の育てた作物が上手く育った時の達成感は他では味わえないほど大きな喜びとなり、今後生きていく中での糧となるでしょう。

住み込みの仕事だからこそ得られるスキルと人脈

住み込むと言う事は、働かせて頂く事になる農家の人にお世話になる事か、寮での生活になる事が多いです。 その為地域で農業をしていく為に非常に重要なコミュニケーション能力を身につける事が出来ます。 また、住んでいる人は同じ農業を営んでる人なので、共に生活して行く中でこれからを語り合える仲間となって行くでしょう。 その人脈は将来必ず助けになるはずです。 初めて農業に携わる人は、共に生活する事で農業に関わる為の生活のリズムをいち早く覚える事が出来ます。 一日が終わった後情報交換なども行えるので分からない事や、効率の良い動き方など役に立つ情報を聞ける機会が有り、次の日からのスキルアップに繋げられます。 農家の人にお世話になる場合は、農業の熟練の方とじっくりお話が出来るので、ここでしか聞けない体験談や農業についての事をたくさん教えて頂ける筈です。 それは今後農業を続けるにしても他の道を行くにしても人生経験として役に立つでしょう。

農業のワークスタイルの具体例

農家の一日は育てる作物によってライフスタイルがガラリと変わって行きます。 多くは日が昇る時間帯や五時前後に起床する事が多いです。 起きるのが大変と感じるかも知れませんが、慣れたら苦でも無くなり逆に一番活動しやすい時間帯になって行きます。 二時間ほど働いた後に食事を取り、また昼まで作業をします。 昼食を取り、日が沈む前には終わる事が多いです。 季節や繁盛記には作業をする時間が延びる事も有りますが、農閑期にはある程度時間が出来るのでその間はゆったりと過ごせる事が多いです。 農家は働こうと言う意思が有れば後は周りが支えてくれる事が多く、働くのには最適な環境です。 高齢な方が多い為土地などを格安で貸しだしたり、農作業具をほぼ無償で譲り渡したりと言う方もいらっしゃるほどです。 地方からも支援を受けられるので、独立してやりたいと言う人は制度を利用すると通常よりも楽に起業する事が出来ます。 住み込みでお世話になった農家にそのまま継続して就職したり、自分の土地を購入したり働き方は人それぞれで様々な可能性が有ります。

未经允许不得转载:春芽 » 农业工作方式与居住招聘

赞 (0) 打赏

觉得文章有用就打赏一下文章作者

支付宝扫一扫打赏

微信扫一扫打赏