农业全球化的发展

wet-morning-field_2234383時代はグローバル!?海外の農業求人にも目を向けてみては?

農業というと、日本国内での仕事を連想しがちです。しかし視野を広く持ってみると、海外にも農業で働くチャンスがあるのが分かります。このグローバル時代の中で、海外に見つかる農業求人について詳しく見ていきます。

海外の農業と日本の農業の相違点

農業で働くことができる職場は、日本のみならず海外にも見つけられます。ただし、日本と海外では、農業で働く環境に違いが存在します。海外の農業大国では、大規模農業が発達しているのが特徴的です。日本は国土が狭いため、小さな規模の農業が主流です。農地は狭く、その中で高品質な農作物をいかに生産するかに焦点が当てられてきました。一方海外では、広大な農地を活かし、大量に農作物を生産する手法が主体です。農作業も効率化が進み、多くの作業内容を機械で代替している農場が多いです。そのため、低いコストで大量の農作物を生産可能です。日本の農業をイメージしていると、海外で農業の仕事に携わった際に、面食らう場合が多いでしょう。それだけ海外の農業は、日本とは大きくスケールが異なります。家族経営が多い日本の農業とは対照的に、海外では農業経営に携わる企業が多いです。大規模農業を行うとなると、企業組織の形態である方が効率的に事業を行えます。

英語のスキルはどのくらい必要!?

海外に進出し農業の仕事に従事する場合、言葉の問題に直面します。日本語が通じない海外の国では、コミュニケーション手段に困るでしょう。海外で仕事や生活を行おうとすれば、少なくとも英語は最低限話せた方が役立ちます。農業の仕事を行う上で、現地の人たちとの交流が欠かせません。言葉での意思疎通が上手くいかないようでは、農業の仕事にも限界があります。海外での農業で必要な英語のスキルは、それほど難しいレベルは必要ありません。基本的な会話が可能であれば、仕事で直ちに支障をきたすような事はないでしょう。それでも、スムーズに会話ができるある程度の英語力は求められます。言葉がうまく話せないのは、仕事の上で不利であるのは違いありません。また、農業の専門的な分野に関わるボキャブラリーは、高める必要があります。農作業を行う際には、農業関連の単語が頻繁に用いられます。そのような場面で、英語の会話の内容が理解できるかが重要です。

海外での農業実績やスキルは日本でどう活かせる!?

海外で得た農業体験は、貴重なものです。その体験は、日本の農業の発展のために活かせます。グローバル化が進むと共に、日本の農業は海外の農業との競争に晒されています。そのため、これまでと同じような農業のスタイルでは、海外の農業に太刀打ちできません。日本の農家にとって、海外の農業の手法で学ぶべき点はあります。日本の農業は、海外と比較して非効率に陥りがちです。農作物生産の無駄をできるだけなくし、生産効率の向上を心がけると、従来よりも収益性がアップします。またこれからは、日本国内での企業経営による農業普及の可能性も出てきます。その際に、海外で得た農業体験が仕事で活かせます。一方で、日本の農業特有の細かい配慮ある仕事のスタイルは、大切にできる部分です。これから将来に向けて、日本の農業は大きく変わる可能性があります。その時がやって来た時、海外の農業から得た数多くの知識と経験が、日本の農業発展に活かせます

未经允许不得转载:春芽 » 农业全球化的发展

赞 (0) 打赏

觉得文章有用就打赏一下文章作者

支付宝扫一扫打赏

微信扫一扫打赏