农业IT化的必要性

a0002_002530まずはじめに

現在、全世界的に急速なインターネットの普及や、スマートフォン、パソコンの普及などにより、情報技術(IT技術)の向上はめまぐるしいものがあります。こういった情報技術の革新の恩恵を受けて、現在日本では、どこでも欲しいものをインターネット上のショップやサイトを通じて購入することが出来るようになりましたし、天気や交通情報、ニュースなどもどこでも確認することが出来るようになりました。どんどん便利になり、私たちが日々行う仕事や家事、勉強に際してもこれらの情報技術は大きな恩恵を産み落としています。

では農業では

それでは、このような情報技術と農業の関連性はどうなっているのでしょうか。残念ながら、高齢の従事者が多い農業では、これらの情報技術が余り活かされていないのが現状です。しかし、農作業のオートメーション化や栄養管理、農薬の散布履歴など多くの農業には情報技術を取り入れられる側面があります。これらを活かして、より良い農業へと変革していくことが、これからの農業の効率化、大規模化、魅力的な職種へと変わっていくのにとても重要な活用法であると言えるのです。

農業の情報技術導入例

まだまだ進んでいない農業のIT化ですが、具体的にどのような方法があるのでしょうか。まずは、農作物の種まきから収穫までの育成環境をIT化して、比較的容易に収穫までのプロセスを行うといったことが挙げられます。これは、農園の運営上のさまざまな作業やポイントを自動化することで、作業効率を向上させるメリットがあります。また、収穫した商品をインターネットを通じて販売したり、人材をインターネットマッチングサイトで募集したりと活用法はさまざまで、これらを全て導入してワンストップで農業をするのも非常に効率的な手法と言えます。この項では、具体的にどのような手法を使って農業を効率化していくのか考えていきたいと思います。

未经允许不得转载:春芽 » 农业IT化的必要性

赞 (0) 打赏

觉得文章有用就打赏一下文章作者

支付宝扫一扫打赏

微信扫一扫打赏