农业的人不足通过IT化来解决

agriculture-nursery-greenhouse-cultivation_121-64394アウトソーシング業とインターネット

近年、少子高齢化によりどの産業においても人材不足が嘆かれています。特に製造業や農業などは、ブルーカラーの不人気化で労働力人口は減少し、次世代の農業や製造業の担い手不足といった大きな問題に直面しています。これらは、仕事のノウハウややり方、技術の伝承や部下の育成といったその産業に必要不可欠な要素を含んでおり、このまま人材不足が続けば、産業自体の存続が危ぶまれてしまう問題でもあります。そこで、着目したいのがインターネットを利用した人材募集、アウトソーシングの実現と可能性です。

農業を希望する人は本当に少ないのか?

近年、食品の偽装や農薬混入、食中毒や輸入食品の危険性など、食品を取り巻くさまざまな問題点が生まれています。実際問題、日本は高度経済成長以降、食品の需要の爆発的な高まりの中、合成保存料や各種食品添加物の使用により、飛躍的に諸費期限を延ばし、食品の流通効率化を優先させてきました。しかし、近年増え続ける成人病やガン、アレルギーの原因としてこのような物質や農薬が謳われるようになり、多くの人の健康意識の高まりから、無農薬野菜や有機栽培の野菜の需要が増えました。また、そういった農法を得意とする専門の農家も現れ、非常に高いニーズとなってきています。このようなビジネスに携わりたいと志願する人は正直過去より増加していると思われます。

インターネットを使ったマッチンングと農業

しかし、これら人が農業を実際に志望したとしても、なかなか実態や実際にどのような仕事内容であるのか、収入面や福利厚生などさまざまな面が気になるのも事実です。このあたりを開示していく方法として、インターネットでの農業体験募集や、マッチングサイト、インターネット広告などが非常に有用で、多くの日本各地の農業を志望する人が自由に閲覧することが出来ます。

未经允许不得转载:春芽 » 农业的人不足通过IT化来解决

赞 (0) 打赏

觉得文章有用就打赏一下文章作者

支付宝扫一扫打赏

微信扫一扫打赏