农业女子的情况

phm12_0159-s女性が農業に就くメリットについて考えよう

農業は昔から男社会と言われてきました。農業とは縁のない女性が新しく始めるのは難しいとされてきましたが、近年は少しずつ女性の数が増えつつあります。女性ならではの目線が新たなビジネスを生む場合も多く、国も「農業女子プロジェクト」を立ち上げて女性が農業を始める後押しを始めています。

女性ならではの目線で効率的に栽培

農業は体力が必要な仕事です。そのため、従来から農業は男性中心の世界であり、農業に携わる女性は配偶者やその家族というのが殆どでした。現在でも家業が農家ではない女性が農業に携わる率は高くありません。農業の世界で女性が占める割合はまだまだ少ないのが現状です。しかし、食料自給率が低下や、今後TPPなどにより輸入食品の増加が見込まれるなど、今後の農業に対する考え方も少しずつ変わりつつあります。男性の目線では気付きにくい消費者側に立った女性の目線が必要とされ始めています。一つの種類を大量に生産し大きな利益を得ようとする従来型の農業に比べて、新しく参入した女性の起農家に多いのは必要な種類を必要な分だけ栽培する方法です。大量の収穫は見込めませんが、旬ごとに美味しい野菜を提供することで顧客を獲得することに成功しています。また、オーガニックなど身体に良い栽培法を採用することで付加価値をつけ、多少高くても売れる野菜を売るなど女性ならではの工夫をしています。

女性が農業求人に応募する際の条件とは

農業を始めたいと思っても、いきなり何の知識もない状態から始めるのはとても難しいものです。男性女性に関わらず、農業に関する最低限の知識は必要でしょう。農業関係の専門学校などを卒業しておけば、将来役に立つ知識や資格が身に着きます。また、未経験者でも大丈夫なパートの求人もあります。仕事内容は、主に野菜の苗の植え付けや果樹などの収穫作業です。幅広い年代の女性が活躍しているので、農業がどのようなものか体験するには良い仕事です。応募条件は農業が好きなこと、身体を動かすことが苦にならないことなどがあげられる場合が多く、出荷作業に軽トラックを使う場合もあるので車の免許が必要な場合もあります。地方の行政などが中心になって農家体験を募集している所もあります。実際に農家に住み込んで農業を体験するものですが、なかには実質農家の嫁募集を兼ねている所もあるので、自分に合った求人かどうか事前に良く調べる必要があります。一般的に農業の世界も機械化が進んでいるため、以前と比べて男性並みの体力を必要とする求人は少ないようです。しかし、身体を使う仕事に変わりはないので、健康であることは第一条件のようです。

育児と両立できる!?女性の就農事情の現在

「農業女子プロジェクト」を立ち上げたりするなど、国や行政も積極的に女性が農業に関わることを推進しています。そのため、子育てしながらも女性が働きやすい労働条件の変革も行われつつあります。農業女子プロジェクトでは、国や大手企業と農業に携わる女性が一体となって、女性が農業で活躍できるよう様ざまな提案をおこなっています。「農業女子と考える住まいのミライ・プロジェクト」では、3つの地域で農作業と家事や育児を両立しながら豊かに暮らせる新しい住まいのあり方を企画提案しています。また、会社のように組織化された農園や農業法人も増えつつあります。シフト制となっているため働き方が選べるようになっており、都合のよい時間帯だけ働くことも可能です。女性の従業員が増えると売り上げも増えるというデータもあり、積極的に女性を採用している所もあります。そのような農園や農業法人では産休や育児休暇など福利厚生も充実しており、正社員でも育休明けしばらくはパートや短時間勤務に切り替えられるよう対応している所もあります。

未经允许不得转载:春芽 » 农业女子的情况

赞 (0) 打赏

觉得文章有用就打赏一下文章作者

支付宝扫一扫打赏

微信扫一扫打赏