几倍的效果!利用Web进行地方活性化的措施

農業、酪農に興味を持った人が移住先に考えている地方は、人口減少が進んでいます。国はこの流れに歯止めをかけ、日本経済を向上させるため、地方創生の政策をかかげました。その影響により、いろいろな場所で地方活性化の取り組みが、行われるようになったのです。Webを活用した地域活性化に関する活動を行っている地域も多くなっています。そこで、Webによる地方活性化の利点と実際に行われている事例を見ていくことにしましょう。

地域町おこし協力隊について効果的な地方創生につながるWebによる地方活性化

国の政策である地方創生を実現するため、各地域において地元の特色をPRするなど、地方活性化に関する活動を行っています。その中でも、Webを活用して行っている地域が少なくありません。Webを活用した地方活性化の利点として、その街から離れた場所に住んでいる人へPRできることがあげられます。パソコンやスマートフォンの普及により、人々は生活の中でWebを利用する機会が多くなりました。Web上へアクセスすれば、自分のいる場所から離れたところの情報でも瞬時につかむことができます。遠方に住んでいる人へ街のPRができれば、より効果的な地方創生の実現が可能になります。また、Webを活用すると、人々に対してその街の情報や特色をわかりやすく伝えられます。例えば、SNSの一つであるインスタグラムを利用することにより、写真を中心とした紹介ができるでしょう。パソコンを利用して掲載する写真を加工すれば、人々に対してより魅力的にPRできる利点もあります。

地域町おこし協力隊についてWebで全国的な地方活性化を展開

Webを活用した地方活性化は、遠方に住んでいる人に対しても、その効果を促すことが可能です。そのため、一定の地域だけでなく、全国的に起こす地方活性化の事例も見られます。例えば、その街の人や地域の個性を活かし、人材育成や仕事づくりのための活動を行っている街づくりGIFTがあります。宮崎県日向市と連携して行われた人材育成事業である日向ドラゴンアカデミーにより、地域ビジネスで稼げる人材の育成に貢献しました。また移住促進のため、新しい地元を作る目的で第二ふるさと大学をスタートさせています。

また、いいねJAPANという、SNSのフェイスブックのまちおこしプロジェクトもあります。全国の人々から提供された地元の街並み、人材、商品などを共有できる環境が整っています。各地域がかかえている問題を解決できるアイデアを生み出せる力も秘めています。Walker47は、KADOKAWA編集者、地域編集長による幅広い地域情報を発信するメディアサービスです。ユーザーからの地域に関する情報を提供できる機能も備わっています。このメディアを通じて、人々が各知識を認識するようになるので、地域活性化に貢献しています。

地域を限定とした地方活性化も効果覿面

全国規模で行われるWebを活用した地方活性化の事例は複数ありますが、地域を限定とした地方活性化の事例もいくつかあります。静岡県の袋井市では、ECサイトを活用したご当地商品を直接販売することで、地方活性化をはかっています。ECサイトを通じて購入する人が、販売品の生産者や農薬使用の有無などの情報を確認できるようになり、商品単価が約2.8倍に上がりました。また災害時の支援物資の提供時間が最大26分の1に短縮されています。香川県では、県名を名産品のうどんに改名し、「恋するうどん県」としてWeb上でPRしています。香川県出身のタレントを広告塔として起用し、瀬戸内海や観光名所などを紹介しているのが特徴的です。徳島県では、主に災害時の通信手段対策のため、大規模な無線LAN環境が整備されました。いつでもどこでもWebを利用できれば、電話やメールを利用できなくても、SNSなどで通信が可能になります。この環境はビジネスや観光にも影響を与え、地方活性化を促進させています。

未经允许不得转载:春芽 » 几倍的效果!利用Web进行地方活性化的措施

赞 (0) 打赏

觉得文章有用就打赏一下文章作者

支付宝扫一扫打赏

微信扫一扫打赏